ブログで稼ぐにはどうすればいいの?

ブログを書いて収入を得るにはどのような方法があるのでしょうか?
「記事を書く」ということでは、以下のような方法が考えられます。

記事を買ってもらって稼ぐ(クラウドワークス、ランサーズ等)

商品を紹介して稼ぐ(アフィリエイト)

広告をクリックしてもらって稼ぐ(AdSense)

ざっくりと上記の3パターンに分けられるでしょうか。
ブログの記事を書くというのは、文章を書ければ
稼ぐことができるのでパソコンがあれば
誰でも始められる仕事と言えるでしょう。

この3つの中で「確実に稼げる」のは
「記事を買ってもらって稼ぐ(クラウドワークス、ランサーズ等)」
でしょう。

記事を買ってもらって稼ぐ(クラウドワークス、ランサーズ等)

正確に言うと、記事を買ってもらうというよりも、
「〇〇円で記事を書いてもらえませんか?」という
仕事に応募して、指定の内容の記事を書いて納品することで
お金をもらうということですね。

クラウドワークスとか、ランサーズとかの
クラウドソーシングサービスをやっているサイトを見に行くと
「記事書きます」っていう人と「記事を書いて欲しい」という人がたくさんいます。

「プロじゃないとお金を貰えるような記事は書けない」とか
「記事を書く人が多すぎて自分は仕事にありつけないんじゃないか」とか
思う方のいらっしゃるかもしれませんが、
素人でも結構できちゃいます。

「仕事が欲しい」っていう人も多いですが、
「仕事をして欲しい」っていう人も多いですから。

あと、プロじゃなくても記事を書く仕事はできます。

その代わり素人だと単価は安くなります。

1記事500文字ぐらいで200~300円ぐらいで記事書きます!
って言えば結構仕事もらえると思います。

記事を書く代行業者が500文字で500円ぐらいなので、
これよりも安くすれば引き合いはあるでしょう。

この記事を書く仕事ですが、依頼者から「こういう記事書いて」
という指定があって、それに合うような記事を書いて
それを納品するという流れになります。

ですので、指示をきっちり守って期限内に
指示通りの内容の文章を納品できれば
まず確実に収入になります。
(たまにお金を払わないというクズもいるそうですが・・・)

記事を書くことで「確実に収入を得たい」
ということであれば、記事作成代行をやればいいのですが、
正直私はこれはおススメしません。

なぜかというと、「他人のために記事を書く」ことだからです。

記事を書くことでお金をもらうことはできますが、
その記事は「納品して終わり」です。

そこから継続してお金をもらうためには
記事を書き続けなければいけません。

つまり、「労働集約的」なんですね。

働き続けなければ、お金を得られないと。

ブログを自分で作るときのメリットは、
「記事が残っていくこと」があります。

一度書いた記事は自分で消さない限りは
ずっと残り続けていく訳ですね。

書き続けていけば、これが積み重なって
大きな力を発揮するようになります。

たくさんの人を集客できるようになる(かもしれない)訳です。

人のために記事を書くことはこれができないので、
おススメしない訳です。

ただ、記事作成代行をおススメできる人もいます。

それは「どんな記事を書いていいのか見当もつかない人」です。
今までブログを書いたこともない、何をかけばいいのかさっぱりわからない
という人は1カ月か2カ月ぐらいクラウドソーシングで
記事を書いてみて、書くスキルを上げるのもよいでしょう。

この期間は「お金を稼ぐ」よりも「スキルアップ」を
念頭において取り組んだ方がよいでしょう。

慣れないうちはちょっとの記事を書くのでも
かなりの時間を費やしてしまいます。

苦労して書いても単価が安いので
「やってられん!」となりがちだからです。

応募するときのポイントとしては、
「金額だけで判断しないこと」ですね。

高い金額を払ってくれるに越したことはありませんが、
これだけで判断してしまうと地雷に当たってしまうかもしれません。

納品したけどお金が支払われないとかですね。

一番判断しやすい基準は、
「繰り返し依頼していること」ですね。

何度も依頼を出していて、評価もよい依頼主は
安全と考えてよいでしょう。

あと、スキルアップという視点では、
「指示が具体的であること」にも注目してみましょう。

つまり「どういう記事を書いて欲しいのかが明確」な
依頼主の仕事を選びましょう。

ジャンルの指定もあると思いますので、
自分が得意なジャンルであれば取り組みやすいでしょう。

また、そういう人たちは「どういう記事を書いて欲しいのか」
というマニュアルを用意してくれていることが多いです。

「良記事の書き方マニュアル」ですね。

このマニュアルや依頼主からの指示に従って書いていると、
よく読まれるのはどういう記事なのか、
どうやって記事を書けばよいのかが分かってきます。

中には添削されて戻ってくることもあります。

これなんて最高ですね。

良い記事にするために自分の書いた記事を添削してもらえますからね。

「ブログを書いた経験がない」とか
「記事を書くスキルを上げたい」という人は
期間限定でやってみるのもよいでしょう。

期間限定というのは、
「どういう記事を書けばよいのかつかめるまで」
ということです。

商品を紹介して稼ぐ(アフィリエイト)

ネット上で商品を紹介して、その商品が購入されたら
売上の1%ぐらいが収入になるというのが
アフィリエイトです。

商品を紹介するだけですので、
在庫を持つ必要もなく、売れなくても全く損しない、
売れたら売れた分だけ収入になると
ノーリスクで手軽に始められるメリットがあります。

ただ、売れなければ収入になりません。

商売をしたことがない、ネットもよく知らないという
素人の人がアフィリエイトを始めて儲ける続けるのは
かなり難しいでしょう。

商品を買ってもらうには、それを欲しいと思ってもらう必要があります。

さらにアフィリエイトされる商品は
他にもアフィリエイトしている人がたくさんいます。

売れ続けるには「あなたから買いたい」と思ってもらう必要があります。

ネットで商品を売るというのは、基本的に全く面識のない人に売るということです。

全く知らない、得体のしれない人物から
大事なお金を払って商品買いますか?

普通買わないですよね。

ここにアフィリエイトの難しさがあります。

もちろん、欲しいと思っている人が来て
「たまたま売れる」ということもあり得ます。

継続的に売れ続けるには「欲しいと思っている人」を
大量に連れてくる必要があります。

もしくは「ちょっと興味がある人」を
ソノ気にさせて買ってもらうかです。

前者は人を集めるスキル(集客)が必要ですし、
後者は人を説得するスキル(クロージング)が必要です。

アフィリエイトで稼ぐにはこういったスキルを身に付ける必要があります。

逆にこれらのスキルを身に付けられれば「最強」ということですね。

広告をクリックしてもらって稼ぐ(AdSense)

これからネットで稼ぎたいという人におススメなのがこれです。

ブログを作って記事を書きためていきアクセスを集めて
広告をクリックしてもらうことで収入を得るという方法です。

この広告はGoogleのAdSenseが有名です。

ブログに広告を張り付ける訳ですが、
表示される内容はGoogleが自動で選択します。

記事の内容にあった広告だったり、
読者の興味のある内容に近い広告などを
自動で選択し表示してくれます。

ですので、掲載側は広告を貼るだけで
後は何もする必要がありません。

このAdSenseが稼ぎやすいのは、
「広告をクリックしてもらうだけで収入が発生する」
というところです。

アフィリエイトのように、広告主のサイトで
商品が購入されなくても
広告をクリックしてくれさえすれば収入になります。

1クリックあたり十~数十円程度の収入になります。

広告をクリックしてもらうためのテクニックは必要ありません。

というよりも、広告を記事のように見せかけたり
間違ってクリックされるような見せ方をしてはいけません。

広告をブログのどこに配置するかでクリック率が変わってきますので
何もノウハウがいらないという訳ではありませんが、
アフィリエイトのように購入してもらうための
ノウハウと比べれば、やることはそれほど多くはありません。

広告の配置のノウハウよりも大事なのは
いかにたくさんの人にブログに来てもらうかです。

AdSenseはある一定の割合でクリックしてもらえます。
ですので、「どうしたら読んでもらえる、人が集まる記事が書けるのか」
に集中することです。

人が集まれば、一定数の広告クリックがあり
そこから収入が得られます。

AdSenseだけで毎月10万円を稼ぐようなブログもざらです。

良記事を書いて読者が集まるようになってくると、
AdSenseからの収入だでなく、商品を紹介することでも
稼げるようになってきます。

よい記事がたくさんあるブログになると、
定期的に読みに来てくれるリピーターが生まれてきます。
こういう人たちはあなたの記事が読みたいと
何度もブログを訪れてくれる、いわばあなたのファンなわけです。

ファンの人たちはあなたが紹介する商品なら
「この人が紹介するものならいいものに違いない」
「あなたから買いたいんです」
というように思ってくれるような人たちです。

ですので、特定のファンが付くようなブログ記事を書ければ
商品紹介で稼ぐアフィリエイトも可能になってくる訳です。

「アフィリエイトで稼ぎたい」と思っている人も、
これからノウハウを学びスキルを身に付けていきたいという段階であれば、
まずはブログで記事を書いてAdSenseで稼ぐということから
始める方法をおススメします。

ブログの記事を書くということが
ライティングのスキルを磨く練習になります。
人に何かを伝えるというスキルを身に付けることができます。

これはネットで商品を売る、紹介をするという上で
基礎になる非常に重要なものです。

また、ブログで記事を書きためていくことで、
インターネット上に自分自身の資産を築くことができます。

ある程度記事がたまってアクセスが集まるようになってくると
しばらく放っておいてもブログが自動で稼いでくれるようになります。

さらに記事を積み重ねていくと、よりアクセスが増え、
さらに収入が伸びていくようになります。

不労所得が得られるようになります。

いいことだらけのようですが、
ブログで稼ぐ上での一番のネックがあります。

それは「稼げるようになるまでに時間がかかる」ということです。

ブログを書き始めてすぐに収入を得られることはまずありません。
10記事くらい書いても自分以外のアクセス数は0ということもあり得ます。

それぐらい立ち上げたばかりのブログには人が来てくれません。

特に初めてブログで記事を書き始めたような人であれば
人が集まるようになるには最低3カ月ほどはかかるでしょう。

アクセス数が増えない、当然AdSenseの収入もないという状態が
何カ月も続きます。

でも、この状態でも記事をひたすら書き続けないといけません。
ブログに記事を積み重ねていかないと人が集まるようになりません。

「このままで大丈夫なのか?」
「本当に人が集まるようになるのか?」
「自分がやっていることは正しいのか?」
といった不安がつきまといます。

でも書くことです。
書き続けることです。

大切なのは「読みたくなる内容の記事を書けるか」です。
タイトルも非常に重要です。

検索エンジンで検索して一番最初に目にして、
その記事を読もうか判断するのはタイトルですから。

どういうタイトルにするかがアクセス数に直結します。

ただの日記を書いても人は集まりません。

どういう記事が読んでもらえるものなのか、
どういうタイトルが興味を引くのか、
などなど色々考えながら、試行錯誤しながら
記事を積み重ねていきます。

これをやっていけば記事を書くスキル、
いいタイトルを付けるスキル、
アクセスを集めやすい記事を書くスキルなど
ブログを運営するスキルも身についていきます。

これができてくれば、「ネットで稼ぐ」ということも
できるようになってきます。

「ネットを使って稼げるようになりたい」という人には
ブログを運用してAdSenseで稼ぐ方法をおススメするのは
こういった理由からです。

まとめ

何度も繰り返していますが、これからアフィリエイトをやりたい
ネットで稼げるようになりたいという方は
ブログで記事を書きためてAdSenseで稼ぐ方法をおススメします。

「他人のために記事を書く」ことでスキルを身に付けるという方法もありますが、
私の個人的な意見としては、全然記事を書いたことがない状態でも
自分のブログを立ち上げて記事を書いていくことをおススメします。

自分で記事を書いて自分でブログを運用しないと
読者の生の反応は得られないからです。

最初はゴミみたいな記事しか書けないかもしれませんが、
記事がたまってくると意外な記事に人気が出たりします。

文章は稚拙かもしれませんが、自分が思いを込めて書いた文章には
その人の人柄が現れるものです。

そういったものも含めてブログの特色になり
財産になるからです。

自分もブログをやってみよう!と思った方、
ぜひ一緒に頑張りましょう。

ただ、ブログを作るにあたって、
どのようなブログにするかで人の集めやすさも変わってきます。

どんなジャンルのブログにするのか、
どういった人に向けて書くのか
といったことが重要になってきます。

ブログジャンルの選び方、
キーワードの選び方、
記事の書き方、
そもそものブログの設置方法など
ブログを始めるため、書くためのノウハウがありますので
これからこのブログで紹介していきます。